shifting(旭井翔一 Shoichi Asai)【リモート・オーケストラのための新作演奏会 第3弾】

アンサンブル・フリー特別企画
リモート・オーケストラのための新作演奏会 第3弾
Ensemble Free Presents
«Premiere of New Works for Remote Orchestra» Vol.3

旭井翔一 作曲 《Shifting》
Shoichi Asai «Shifting»

アンサンブル・フリー公式ホームページ
リモート・オーケストラ特設ページを公開中!
※本企画の主旨等はこちらからご覧ください。
https://ensemblefree.jp/remote.html

■作曲家によるプログラムノーツ/Program Notes written by the Composer

単純に楽しい曲です。
カスタマイズしやすい曲だと思うので、
いじりたい人いたら気軽にいじっちゃってください。
特にラッパー募集中です。
(BPMは88くらいです)

A small and fun piece!
It’s open to editing and customising so if anyone is down for it go ahead! We’re also looking for a rapper 🙂
(The BPM is around 88)

■作曲家プロフィール

旭井翔一 Shoichi Asai

福井県出身、東京藝術大学卒業。
身長192cm体重120kg以上。
受賞歴は第23回朝日作曲賞(合唱) 、現音新人作曲賞(富樫賞)ほか。

From Fukui Prefecture. Studied at Tokyo University of the Arts.
192cm tall and a proud over 120kg in size.
Has won the 23rd Asahi Composition Award for Chorus and Contemporary Music Rookie Award etc.

■本企画について

2020年2月、WHOによって「COVID-19」と名付けられた新型コロナウイルス感染症は世界中に広がり、パンデミック(感染爆発)となりました。この感染症は人々の身体的な健康のみならず、精神的にも、経済的にも、そして文化的にも大きな被害をもたらしています。
私たちは、このような状況の下でも音楽には人々の心を潤し豊かにする力があると信じています。そこで多くの作曲家の方々と協力し、感染の危険を避けながら、それぞれの自宅から通信技術を活用して合奏できる作品の制作に取り組みました。
音楽は有史以前から存在し、常に人と共にありました。使われる楽器も、音階も、記譜法も様々ではありますが、その時代、その地域、その文化にとって最も適した形で生み出され、人々の心に寄り添ってきました。それは如何に厳しい時代であろうとも変わりありません。
現状において、その一つの形態が、いま多くの音楽家たちが行っているリモート(遠隔)演奏であろうと思います。
この企画では、完全にリモート演奏のために書かれた作品を皆様にお届けいたします。困難を克服しようと生み出された新しい音楽が、同じく困難に立ち向かおうとする皆様を少しでも勇気づけるものになれば幸いです。

2020年5月31日
アンサンブル・フリー代表 浅野亮介

As of February 2020, the newly discovered disease named by WHO as COVID-19 has caused a worldwide pandemic. it has largely affected global citizens’ physical health, but also mentally, financially and culturally.

We believe that music has the power to enrich people’s lives despite current circumstances. Therefore, by collaborating with a number of composers, we have created a piece in which we can perform remotely and online. By doing so, we, both composers and musicians, are following social distancing rules and preventing the spread of the virus.

Music has been with us from the beginning of history and has not stopped playing ever since. The instruments, the scales and notation has varied throughout each culture and time. However, no matter what type or genre of music created, it is no lie that music has been with us in any situation. In this current pandemic, performing remotely away from one other is a way to keep our music alive.

The purpose of this project is to premiere new works that are solely composed for remote performances. We hope that these pieces written with hope to overcome the pandemic will give all of us hope and courage in these difficult times.

May 31, 2020
Ryosuke Asano, Representative of Ensemble Free

You may also like

Page 1 of 174

Artículos relacionados

I have nothing. Whitney Houston. Ismael Dorado (Cover sax) V. de Indio See.

saxo

From The Yellowjackets to the Bob Mintzer Big Band – Russell Ferrante

saxo

Amazing Grace

saxo

Deja un comentario